格安スマホ本体だけを買いたい!購入方法とは?

格安スマホ本体だけを買いたい!購入方法とは?

格安スマホを購入できる場所とは

格安スマホを利用するときには、対応しているスマホ機種とともに契約中の通信会社のSIMカードが必要です。
契約方法として一般的なのはインターネットを通じた方法で、それぞれの会社の公式サイトから自分のほしいプランを選択して申し込むことにより、後日自宅にSIMカードが送付されることになります。

大手家電量販店やモバイル系の販売店ではキャリアショップ同様に、その場で申し込んで数十分でカードを契約することも可能です。

ただ、格安スマホの最大のメリットは簡単に通信会社を乗り換えることができるということなので、より便利に使用していくためにはSIMカードだけを入れ替えることができる、本体のみを購入するという方法がおすすめになります。

格安スマホとして使用ができるのは、正確には「シムロックフリー」となっているスマホのことで、ここ数年以内に発売されている機種であればほとんどが対応済です。

ですが、古い機種の中にはシムロックされているものもあるので、購入をするときにはシムロックフリーであるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

なおシムロックされている機種であっても、新たに契約をする通信会社がもともと販売しているキャリアの系列であれば使用できる可能性があります。

対応機種であるかどうかはそれぞれの公式サイトに細かく記載があるので、中古品で購入をする場合にはそちらをしっかり調べてからの方がよいでしょう。

最も安心なのが、格安スマホを提供しているMVNO会社から販売されているものを使用することです。
MVNO会社では新たに契約をする人に対して、月額割引などにより安く本体を提供してくれています。

本体のみ購入するための方法

格安スマホに慣れた人なら、自分で本体のみを購入するという方法もあります。
本体はネットショップや個人売買で購入をすることができるので、より安く購入をしたいという人ならそちらを利用するのもおすすめです。

中古でも数多くの本体が出回っているので、ヤフオクやメルカリといった取引に慣れているなら、そちらで購入するのもよいでしょう。

中古の場合、当然ながら現状渡しとなるので新品のようにまっさらな状態というわけにはいきません。
しかし中古市場では国内では未発売の最新機器や海外の通信機を購入することもできたりするので、シムロックフリーを活かすならそうした利用方法もあります。

それと当然のことながら中古で購入した場合、新品で購入した場合と異なり、公式な保証やサポートを受けることができません。

あくまで自己責任となりますので、利用するときにはMVNO公式の機種を持っておきつつ、SIMカードのみを入れ替えてサブで使用するといった使い分けをしていくのがよいと言えます。