格安スマホとは?

格安スマホとは?

格安スマホは従来のキャリアとどう違うのか

ここ最近非常に多くの広告を目にするようになったのが「格安スマホ」です。

「格安スマホ」とは、それまで携帯キャリアをNTTドコモ、au、SoftBankの三社で独占してきたところ、規制緩和により他社が参入できるようにしたことによって新たにできたサービスです。現在、携帯電話用の回線は大手キャリア三社のもののみとなっていますが、格安スマホを提供している企業はそれらの回線の一部を借りるという形で提供しています。

そのため格安スマホとして提供されているサービスは完全に独立しているというわけではなく、docomo系やau系などエリアが大手キャリアに準じたものとなっているのです。格安スマホを使用するときには、本体とともに専用の「SIMカード」が必要になります。「SIMカード」とは契約している通信会社の回線を使用できるようにする指先大のカードのことで、現在販売されているスマホに差し込むことで自由に乗り換えができます。

格安スマホ提供会社が販売している機種もあり、いずれにしても従来までの大手三キャリアよりも月額費用をかなり安く利用できるようにしているところが特徴です。

格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホは2017年現在、17社が提供をしています。

代表的なものとして「Rmobile」や「BIGLOBE」「UQmobile」「LINEmobile」などといったものがあります。他にも「イオンmobile」や「BIG SIM」などといったところも人気が高くなっており、今後も多くの企業が参入してくることが予想されます。格安スマホの最大のメリットは、何と言っても月額料金が非常に安いということです。大手三社のスマホを使用する場合、あれこれとプランをつけていくことにより月額1万円近くの金額が請求されることも珍しくありません。

しかし、格安スマホに乗り換えた場合、キャリアと比較して金額がガラリと変わります。このビックカメラがリリースする格安SIMの「BIG SIM」を例に挙げると、月額料金は1000円から3000円程度と非常に安い水準に抑えることができるので、普段あまり多くスマホを使用しない人にとっては大変便利です。

一方で格安スマホのデメリットとして、キャリアメールを使用することができなくなるということがあります。キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.me.jp」「@softbank.ne.jp」という、フィーチャーフォンの時代から使用されてきたアドレスのことです。

それまでモバイルサービスにキャリアメールを登録していた人は更新をしなければいけないので、乗り換え前にしっかり対策をしておいた方がよいかもしれません。

また、格安スマホでは混雑具合により通信速度が遅くなってしまうこともあります。昨今は、この速度の遅さも改善されたので、デメリットとしてカウントしなくてもよいという声もありますが、通信の安定感はキャリアよりも劣るでしょう。