スマホに取り付けて高画質の写真撮影を、「ソニー デジタルカメラ サイバーショット レンズスタイルカメラ」

スマホに取り付けて高画質の写真撮影を、「ソニー デジタルカメラ サイバーショット レンズスタイルカメラ」

スマホがそのままデジカメになるレンズスタイルカメラ

カメラ性能において、他社を大きく引き離しているスマホがSONYのXperiaです。
しかしいくら性能がよいカメラ機能が搭載されているとしても、なかなか一眼レフのような写真をスマホで撮影するのは困難です。

そこでよりスマホを使用して完成度の高い写真を撮影するために、専用のアクセサリ製品を使用することが勧められます。

SONYと言えば高性能デジカメである「サイバーショット」を製造しているメーカーです。
そのサイバーショットの機能をそのままスマホで使用できるようにした製品が「レンズスタイルカメラ」の「サイバーショットQX10」です。

「サイバーショットQX10」は製品自体では一眼レフカメラのレンズ部分だけを切り取ったかのような形状をしています。

それ単体だけでも写真撮影をすることができるのですが、本来の性能を発揮するためにはスマホとの連動が必須です。

専用アプリとして配信されている「Play Memories Mobile」をインストールすることで、NFCでペアリングをしたサイバーショットQX10とスマホを一体的に使用することができます。

接続時にはアタッチメントを使用することでスマホの背面にちょうどレンズが接続される形となるので、そのままデジタルカメラと同じような感覚で使用できるでしょう。

連動するスマホは同じSONYのXperiaが推奨されていますが、他社製のスマートフォンであってもアプリを動作することができれば特に問題はありません。

スマホと連動することで直感的な操作ができます

「サイバーショットQX10」は、それ単体でも非常に性能の高いカメラとして動作します。
レンズ側面にはシャッターとなるスイッチが付けられているので、本体のみを構えて自由に撮影をしていくことが可能です。

しかし、本体のみではデジカメのように撮影する画面を直接確認したり、露出やズームを調節したりといったことができにくいので、本来の機能を発揮するにはやはりスマホと連動させた方がよいでしょう。

スマホとサイバーショットQX10を連動することにより、画面にこれから撮影しようとする構図がそのまま表示されます。

タッチパネルで設定をすることで簡単にピント合わせやズームなどをしていくことができるので、高度な撮影も簡単です。

液晶画面上でシャッターやズーム、フォーカスの操作をすることができるとともに、被写体としたいものをタッチするだけで認識する「タッチAF」という機能もあります。

さらに本格一眼レフにあるような露出補正、ホワイトバランス、ISO感度設定といったようなことも自在に操ることができるのです。