見た目もすっきり!ケーブルや電源タップもすっきりさせるケーブルボックス

見た目もすっきり!ケーブルや電源タップもすっきりさせるケーブルボックス

デスク周りのコードをきれいにまとめてくれるグッズ

自宅やオフィスのデスク周りは、どうしてもコードでごちゃごちゃとした見た目になってしまいます。
デスクトップパソコンの場合などは、パソコン本体にディスプレイ、キーボードやマウス、プリンタ、スピーカーなどを接続するために、あちこちにコードが張り巡らされているでしょう。

ごちゃごちゃとしたコード状態は見た目がよくないだけでなく、動きが制限されたり、引っかかって転倒や破損など事故が起こる可能性も出てきます。

ただでさえデスクまわりというのはホコリがたまりやすく汚れが目立つので、コードはできるだけ見えにくい位置に収納し、清潔な机周りにしておくことが大切です。

そこで机周りをキレイに見せることができる便利グッズとしておすすめになるのがBUFFALOの「ケーブルボックス」シリーズです。

BUFFALOといえば無線LANルーターや外付けHDなどのアクセサリメーカーとして有名ですが、ケーブルボックスシリーズは非常に快適なデスク周りにすることができる非常に優秀な製品です。

サイズはSとLの二種類があり、大きさはそれぞれ幅が224mmと394mmとなっています。
見た目はシンプルな長方体で、環境を選ばずインテリアの邪魔になることなく使用をしていくことができます。

内部に電源タップやACアダプタをまとめて収納

BUFFALOのケーブルボックスは、プラスチック製の箱の四方と天井に細長い穴が空いているという形をしています。
内部は空洞になっており、蓋を開け閉めする形で中身を出し入れします。

内部は電源タップやACアダプタなど、大きな電源周りの製品がまとめて入れられるようになっているので、デスクの近くに箱を一つおいておくだけでスッキリとした見た目になります。

この製品の優れたところは、ボックス式になっていることから上に物を置くことができるようになっている点です。

筐体内に電源を入れておき、箱の上部に充電用のクレードルやUSBコードを出しておけば、常に定位置でスマホやタブレットを充電していくことができます。

携帯用ゲーム機やウォークマンのような音楽再生機、録音用マイクなど持ち歩く機器が多い場所などでは特に重宝します。

使い方次第でかなり便利に机周りをカスタマイズすることができるので、引っ越しや模様替えなど大幅に室内のレイアウトを変更するときにまとめて購入するのがおすすめです。

価格はSサイズで2660円(税抜)、Lサイズで4000円(税抜)となっており、色はホワイトとブラックの二色展開となっています。
BUFFALOの公式サイトではアウトレット製品として安く購入できることもあります。