待ち時間が分かる!東京ディズニーリゾート®の公式アプリ

東京ディズニーリゾート公式アプリの紹介

2018年7月5日にリリースされた東京ディズニーリゾートアプリは、これまで以上にTDRを楽しむことができる機能が盛りこまれています。
むしろこれまでこうした公式アプリがなかったということが驚きなくらいで、アプリ導入により園内での移動が飛躍的に楽になるでしょう。

これまではディズニーリゾートではオフィシャルWebサイトでパーク内の案内を掲載していましたが、これをアプリとして提供するようにしたことにより、チケットの購入やショーの抽選などを一元的に行うことができるようになりました。
公式サイトの場合、園内の申し込みなどは別々にコンテンツを探さないといけなかったので、アプリをインストールすることでスマートフォンでの操作がかなり楽になります。

これまでになかった、新たに盛り込まれた機能として、東京ディズニーリゾートのアンバサダーホテルでの「オンラインチェックイン」があります。

アプリはApp StoreおよびGoogle Playで無料でダウンロードできるようになっているので、お使いの端末に関わらずインストールが可能です。

ディズニーリゾートの利用を便利にする様々な機能

この東京ディズニーリゾート公式アプリ最大の見所は、園内のそれぞれのアトラクションの待ち時間をひと目で確認できる「デジタルガイドマップ」です。
これはパーク内の現在位置とともに、近くのアトラクションやレストランなどの待ち時間をポップアップで表示してくれるという機能です。

このマップから、アトラクションの身長制限やファストパスの使用についての情報も参照することができるので、いちいち現地に行って確認をする手間が省けます。
また、アプリでは「eチケット」を発行することができるようになったので、スマートフォンをかざすだけで入園をすることができたり、発券が必要なチケットを先に予約したりも可能です。

先にも紹介しましたが、今回初搭載のディズニーアンバサダーホテルのオンラインチェックインサービスでは、あらかじめ宿泊情報をアプリに登録しておくことで、当日フロントで手続きをしなくてもホテルのチェックインリーダーにかざすだけでチェックインできるようになっています。
ホテル内の鍵もスマートフォンで行うことができるようになっているので、荷物が多い旅行先でもスマホ一台で全て利用することが可能です。

さらに来園をしたときに園内で購入することができるグッズをアプリでも購入可能なので、直接お店に行かなくてもオンラインで自宅に送付を依頼することができたりします。
買いたいアイテムの在庫があるかどうかもアプリで確認ができるので、混み合ったお店に足を運んで確認をする必要がなくなります。