iPhone7で出来る上級撮影テクニック

iPhone7で出来る上級撮影テクニック

iPhone7でプロのような写真を撮りたい

新機種が登場するたびに大幅に性能がアップしているのがスマートフォンのカメラ機能です。
カメラメーカーの専用パーツをそのままスマホに使用しているという機種もあり、すでに性能面だけで比較をすればデジカメとほとんど遜色ないといってもよいでしょう。

しかしそうした高機能カメラを搭載したスマホであっても、実際に写真を撮影してみても低解像度のカメラとほとんど違いが感じられない、という事もよくあります。

全く同じカメラスペックのデジカメとスマホがあった場合、おそらくうまく写真をとることができるのはデジカメの方でしょう。

というのもスマートフォンはもともとカメラ撮影用にモデリングをしたものではないため、同じ構図や同じロケーションであっても、デジカメのように安定してピントを合わせるのが難しいという問題があるからです。

せっかく一眼レフカメラのような高性能のカメラが搭載されているのですから、その性能を引き出す写真の撮り方をしてみましょう。

おすすめなのが、スマホのカメラ機能の特性を把握した上で行う撮影法です。

スマホでカメラ撮影をするときの前提として覚えておいてもらいたいのが、まずレンズの皮脂や指紋をきちんと拭き取るということです。

スマホは常に手元に置かれるものであるため、レンズ部分に汚れが付着してしまいます。
レンズが汚れていると画面全体が白っぽくぼやけてしまったり、部分的にピントが合わなくなってしまいます。

SNSなどでも、スマホから撮影したらしい写真がなんとなく白ずんでいたりしますが、それらはみなレンズに汚れがついていることが原因です。

構図の付け方を工夫するだけで印象が変わる

素人っぽい写真とそうでない写真との最も大きな違いは「構図」にあります。
実際にカメラ教室に通ってみると、この構図についてかなり詳しく説明を受けます。

素人が写真を撮ると、どうしても被写体を中心にドンと置く「日の丸構図」をとってしまいがちです。
あえて被写体をちょっと脇にずらしてみることで、見る人の関心を引きつける構図をとることができます。

次に積極的に利用をしてもらいたいのが、スマホに付属している「モード」の使用です。
一眼レフのように細かいピント合わせや露出を調節できないスマホでは、「モード」として被写体によって設定を自動的に変更できるようにしています。

iPhone7には「ポートレートカメラモード」という、背景ボケを自動的に作り出してくれる便利な機能があります。
被写体を認識するだけで自動的にピントが合うので、背景がぼんやりするプロのような写真が撮影可能です。

この「ポートレートカメラモード」を使いこなすことができるようになるだけで、相当写真の腕前は上がるでしょう。