iPhoneの標準カメラで花を綺麗に撮るコツ

iPhoneの標準カメラで花を綺麗に撮るコツ

植物や景色をスマホでキレイに撮る方法

出先でついついカメラを向けたくなるのがキレイな植物です。
特に桜の季節では、公園や川沿いに咲く美しい桜並木を一枚写真に収めたくなります。

しかし高性能カメラを搭載しているスマートフォンであっても、桜などの植物をキレイに撮影するのはなかなか難しいスキルが必要です。

せっかくキレイな景色なのに、写真にしてみたら被写体がボケていたり不明瞭になっていたりと、ガッカリすることもあるでしょう。

美しい景色をフレームに収めるためには、構図やレンズ性能を活かした撮影方法を身に着けることが大切になります。

まず植物をキレイに撮るために知っておきたいのがスマホのズーム機能の利用です。
ほとんどのスマートフォンには広角レンズが搭載されているので、そのままカメラを構えた時に広い視野を維持することができます。

一方で、広角レンズを使用してごく近くのものを写すと、どうしても画面の両脇が歪んだように見えてしまいます。

そこで使用してもらいたいのがズーム機能です。
植物に物理的にレンズの距離を近づけて撮影するよりも、ズーム機能を使って接写を行った方が、全体の歪みのない違和感のない画像になります。

だからといって距離がありすぎる場所からの撮影ではどうしても画像が粗くなってしまうので、被写体とレンズの距離は上手に調節をしていく必要があります。

遠近感をうまく表現することで風景を美しく

植物を撮る時に限りませんが、注意をしたいのが「逆光」です。
逆光とは被写体の真後ろに強い光がある状態のことで、これがあるとどうしても手前の被写体に陰ができてしまうので、全体が黒っぽくボケた雰囲気になってしまいます。

特に桜や梅の木のように高い位置に花があると、カメラを上向きにしてしまうことになるので、日中は逆光になる可能性が高くなります。

逆光を防ごうとしてフラッシュを焚くと、今度は手前にある花が不自然に発光してのっぺりした陰影のない絵になってしまうので、直接太陽光が入ってこない位置を極力探しましょう。

どうしても光が少なくて撮影したい花の発色が悪いという時には「露出補正」機能を使うことがおすすめです。
露出補正とはレンズがとらえる光の量を調節することで、「+」方向に補正すると明るくなり「-」方向に補正すると暗くなります。

この露出補正がうまくできるようになってくると、屋外だけでなく屋内での撮影スキルもぐんと高くなるでしょう。
スマホによっては露出補正機能がついていないカメラもありますが、iPhoneでは自由に変更ができるようになっています。

カメラを向けた状態で画面をタップすると調整画面が出てくるので、上下させながらちょうどよい色を探して撮影してください。