Androidスマホのバッテリー節約術

バッテリー節約法、設定方法

スマートフォンを使用しているときに、必ず問題になるのがバッテリー切れです。
メーカーがスマホユーザーに新機能でどういったものが欲しいかというアンケートを取ると、必ずと言ってよいほど「バッテリー容量を増やして欲しい」という意見が出てくると言います。

スマートフォンはガラケーと比べて画面が大きく、その分発光量が多いので、バッテリー使用量が増えてしまうという特性があるのです。
逆に言うと、画面の明るさを調節することによりバッテリーの減り方を抑えることができます。

画面の明るさは、Androidの設定画面から調節をすることができます。
設定画面から「ディスプレイ」を選択すると「画面の明るさ」という項目があるので、ここで明るさを最大から控えめにすることで、若干ですがバッテリーの減りを遅らせることが可能です。
最新のAndroidスマホでは、メーカーのカスタマイズにより自動的に明るさ調節をしてくれる機能もあるので、そうしたものをONにしておくという方法も便利でしょう。

もう一つ、バッテリーを大きく減らす原因となっているのが「自動更新」です。
自動更新はミニアプリとして設定されているウィジェットでよく使用されており、天気やニュースなどを随時更新して表示するようになっています。

しかし、仕事や授業でそうそう頻繁にスマホを見ているわけでないのであれば、更新頻度を落としても全く問題がありません。
ミニアプリの設定画面で更新頻度を選択することができるので、数時間おきにするか手動設定にすると、勝手に通信することを抑えられます。

設定しないほうがいい時とは

他にも常時起動しているアプリをオフにしておくことにより、バッテリー消費を抑える機能があります。
特にWi-Fiや位置情報アプリは常に通信をして電波を受送信し続けることになるので、電波状態が悪い環境になるとぐんぐんバッテリーが減ってしまうでしょう。

しかし、だからといったWi-Fiや位置情報サービスをずっとオフにしていると、今度は月額あたりの通信を消費してしまうことになってしまいます。
位置情報サービスもオフにしてしまっていると、もしスマホを置き忘れてしまったときにどこにあるかを別の端末から検索することができなくなってしまいます。

バッテリーが極端に少なく感じられる場合は、既に内部バッテリーが消耗してほとんど容量を維持できなくなっている可能性があります。
内部バッテリーのみを交換してもらえるサービスもあるので、そうしたものを利用した方が、ちまちまと節電をするよりも根本的な解決になることもあるでしょう。

遠出をする時には、いざというときに電池切れにならないよう、モバイルバッテリーを一つ購入して置くと安心ですね。